2010年12月3日(金)晴れ

日の出の時間が8時13分と遅かったので、7時30分くらいまでゆっくり寝ることが出来た。

起きてから日の出まで時間があるので、先に朝食を済ませる。

今日の日の出は、まあまあ綺麗な方という感じかな(^^)

今日は、有名なジブラルタル海峡を通過するということで、トップデッキが開放されていたので、そのままずっとデッキにいた。

ジブラルタル海峡とは、ウィキペディアによると↓こんな感じ。

「ヨーロッパのイベリア半島とアフリカの北端を隔てる海峡。大西洋と地中海の境に位置している。水深は286m、海峡の幅は14km~44kmであり、60kmにわたって延びる。」

・・・・だそうだ!

最も狭いところの幅が14kmなので、船からヨーロッパとアフリカ大陸を同時に見ることが出来るという貴重な経験が出来た。

しかし船の進行方向と反対向きの海流が速いということで、船の速度が遅くなかなか前に進まない。

しかも風がかなり強くて、寒かった(^_^;)

少し経つと「イルカが見える!」という声が聞こえてきた。

すぐに海を見てイルカを探すと、実際にイルカが見えた!

しかもかなりの大群だった!

イルカ

イルカ

これまでにも単独のイルカは何度か見ていたが、大群を見たのはもちろん初めてで、かなり興奮した。

ジブラルタル海峡では、イルカを見ることが出来る可能性が高いという話は聞いていたが、まさしくその通りだった!

今後、船に乗る人は要チェックポイントですよ~b(*^ー゚)

海峡をある程度通過してからは、船内へ。

午前中は、ベリーダンス、オープンGET(無料の英会話講座)の上級クラス、そして同じくオープンGETのスペイン語クラスに参加した。

昼食は、「ダイバーランチ」に参加。

これは次の寄港地、スペイン領のラスパルマスで、ダイビングをやろうという人達の集まりだった。

まったくダイビングの経験が無い人でも体験ダイビングというものが出来るということなので、自分もやってみようと思っていた。

午後は、まずインドネシア語講座に参加。

なぜこの講座が開催されているかというと、船のクルーの大多数がインドネシア人だからである。

もちろん他の国(アジア諸国や中南米など)出身のクルーも沢山いるが、割合的にインドネシア人のクルーが最も多い。

そして講座では、インドネシア語は世界一簡単な言葉だと言っていた。

確かに文法や、発音、単語の変化などの話を聞くと、本当に簡単そうだなと思えてきた。

これまでも食事の時などに、インドネシア語で「ありがとう」とか簡単な言葉は時々使っていたが、今日覚えた他の言葉も使ってみようと思った。

次に、フリースペースの角にある図書コーナー?で、2日前のバルセロナで積み込まれたであろう日本の新聞を読む。

スポーツ新聞を見ると、自分の地元仙台の楽天イーグルスの監督に闘将・星野監督が就任とか、岩隈投手がメジャーへ行けなくなったという記事が目立っていた。

あと北朝鮮と韓国で砲撃があったというニュースもあった。

夕方は自分が立てた自主企画で「ダイエット講座」の企画をやった。

なぜこの企画をやろうと思ったかと言うと、最近「船に乗ってから○kg体重が増えた」という話をよく聞くようになっていたから。

そして自分は、体重別の競技であるアームレスリングを長年やっていて、健康的な本当のダイエットについての知識や経験が普通の人よりも大分あるので、この企画を立ててみた。

結構沢山の人が集まっていたかな。

ただ準備不足ということもあり、人に飽きられないように話をするのは難しいことだな、と実感した。

その後は、アームレスリングの企画。

今回で7回目になる。

船内家族歌合戦のリハーサルという、ちょっと大きなイベントと時間帯が重なっていたが、それでもある程度の人数は参加していた。

夕食後は、船内家族歌合戦を観賞した。

自分が所属している家族では出場しなかったが、沢山の船内家族が出場していた。

その後は「スラングGET」、や「時差トーク」に参加した。

今日の時差トークのテーマは、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。

自分はジョジョのことは、あまりわからないが、なかなか面白かった。

これで日本との時差は9時間になった。

今日は2度目の24時過ぎに、部屋に戻ってシャワーを浴びて寝た。

今日の大きな出来事は、なんと言ってもイルカの大群を見たことかな!

写真も動画も撮ることが出来て良かった。(綺麗に写ってる写真は、友達が撮ったもの)

※ピースボートの資料請求は、↓こちらの公式サイトからどうぞ(無料)。