パリからバスで4時間半かけてフランスを代表する観光地モンサンミシェルへ行ってきた。
日本語で言えば、聖ミカエルの山( ͡° ͜ʖ ͡°)
ここは世界遺産にもラムサール条約の登録地にもなっている。

また宮崎駿の「天空の城ラピュタ」のモデルという説もあるらしい?
・島が遠くに見えはじめてから、段々と近づいて島が大きくなっていく姿を見るのはワクワクする。

↓羊とモンサンミシェル


↓無料シャトルからの写真。歩いても行けるが50分くらいかかるらしい。

今回着いた時は、干潮の時で島が海に囲まれていなかった。

島自体は、江ノ島を3周りほど小さくした感じ?かな( ͡° ͜ʖ ͡°)


大聖堂の中はチャペルや食堂など色々な部屋があったのと、あと迷路みたいな複雑な作りだった。
ここは元々は修道院として作られたが、戦争の時には要塞として、またある時は監獄としても使われたそうだ。


↓ひつぎ?か宝箱のような物?かと思った。横が空いて中を見たら、、、

↓まさかのコンセプト( ͡° ͜ʖ ͡°)

↓島から橋を見た風景。


↓お土産屋。左側の剣は木製なので、ある意味では木刀?( ͡° ͜ʖ ͡°)    ドラクエ的には「木の剣」か(^^)

・着いた時は完全な曇りで、晴れてればもっと綺麗な姿だったと思う。
そして帰る時は、霧が凄かった。

良く言えば、幻想的な姿。

悪く言えば、全く何かわからない( ͡° ͜ʖ ͡°)

・また今回来て驚いたのが、日本人が沢山いて、中国人や韓国人がほとんどいなかったこと。
今や中国人と韓国人は、世界中どこにも沢山いて、日本人が行くと現地の人からは中国人だと思われることばかり。
お土産屋の貼り紙も日本語のが多くて中国語のは無いし、店員も簡単な日本語を話していた。


これだけ中国人がいなくて日本人が多い場所は、今回の旅で初めてのこと。
今回の世界3周目で巡ってきた、中東や旧ユーゴスラビア圏、北欧などほとんどの場所では、日本人がほとんどいなくて、アジア人は中国人と韓国人ばかりだったからね。
・あと今回、同じバスに乗ってた卒業旅行で来てた大学生3人と、そのままの流れでモンサンミシェルを一緒に周った。
自分は転職旅行で来てるし、おそらく新婚旅行で来ている人達もいただろうから、「3大○○旅行」の人達が揃っていたと思われる。
今や転職旅行をする人の数は、卒業旅行の人よりもずっと多いという統計のデータがある。
あと卒業旅行でなくても、日本の大学生は春休みに入ったようで、今パリで泊まってるホステルの同じ部屋にも大学生がいた。
今日モンサンミシェルにいた日本人も若い人が多かったので、おそらくほとんどが大学生だと思う。
夏休みや春休みなど長期休み以外の時期に出会う学生は、休学してるっていう人ばかりだったけどね( ͡° ͜ʖ ͡°)
日本人はもっと海外に出れば良いのにとあらためて思った。
今はまだアジアやアフリカ、南米など、日本から行けば物価が安いくにも多いけど、その格差はどんどん無くなっていってるしね。
●以下、旅人向け情報。
パリからモンサンミシェルへは、いくつか行き方がある。
おそらく一般的で時間効率が良いのが、電車のあとにバスに乗るもの。
他にはバスでの日帰りツアーもある。
乗り換えが無くて楽だが、100ユーロちょいくらいかかる。
そして最近?は、直通バスもあり今回は19ユーロで行けて、これが最も安い手段。
おそらく電車とバスよりは少し時間はかかるとは思うけどね。
そしてこの直通バスは、なぜか週に数本かしか無い。
今回も帰りは直通バスが無くて、バスと電車だったが、31ユーロだったので、往復で50ユーロでツアーよりもずっと安くて済んだ。
電車の駅はいくつか候補があるが、今回はVILLEDIEU POELES駅で電車に乗り換えだった。
ネットで購入して、まだチケットを発券出来てない人は、本来はここでチケットを発券するはず。
でも既に駅が閉まってて駅員がいなかった。

他の人に聞いたら、電車に乗ってから車掌に言えば良いとのこと。
車掌に言ったら、「オッケー、また戻って来るよ」と言われたが、結局、終点のPARIS MONT 3 VAUG駅まで戻ってこなかった。
地球の歩き方には、メトロと違って電車は、改札を出る時にチケットが必要って書いてあったが、結局、特に何もなくてメトロに乗り換えが出来た。
車掌にも地球の歩き方にも、騙された(笑)
・モンサンミシェルに泊まるか日帰りか?
朝日や夕日、または夜のモンサンミシェルを見なくても良いのであれば、日帰りで充分だと思う。
島の中は3時間もあれば、しっかりと見てまわれる。
日帰りバスツアーだと滞在時間が2時間もないらしいけど、冬であまり混んでなくて、急ぎ足でまわれば、それもありだと思う。
モンサンミシェルの宿代はパリよりも大分高いし、節約している旅行者には特に良いと思う。
今日なんかは夕焼けの姿は全く見れなかったし、天気予報によると明日の朝日の姿も厳しそうだし(^_^;)
どうしても見たいなら、1泊だけでは見られない可能性もあるので、日程に余裕が必要。