21日の夜行バスで、カッパドキアからパムッカレへ。

ここは石灰棚と、ヒエラポリスという都市遺跡が世界遺産に登録されている。


石灰棚に温泉があるが、開発ラッシュのため温泉が枯れつつあり、現在は保護のために立ち入り制限をしているそうだ。

一応説明しておくと、雪は降ってたけど、白いのは石灰ね。


寒いというのもあるが、今日いた観光客はみんな足だけしか温泉に入っていなかった。(そもそも着替える場所も無かったけど)


でも少し離れたとこにあるアンティーク・プール(別称クレオパトラ温泉)には、自分も含めて数人が入っていた。

ここは本物のギリシャ・ローマ時代の遺跡がお湯の中にゴロゴロあるという温泉!
まさしく映画にもなったリアル「テルマエロマエ」か!?(^^)


あとはヒエラポリスの遺跡を見たくらいかな。
●旅人向け情報

パムッカレに着いて連れていかれた旅行会社 ozzencir で、90トルコリラのパムッカレのツアーに参加。
上記の石灰棚やヒエラポリスの他には、大理石製品などを扱った土産物屋に行ったのと、ランチバイキングがあった。
ランチは、昨日のカッパドキアでのレッドツアーでのバイキングよりもレベルは低かった。
ツアーの前後の待ち時間に旅行会社でWiFiと

携帯の充電をさせてもらえたので、ツアーをとった価値もあったかなと思う。

(自分はパムッカレに1泊もしないため、ホテルに行かないので。)
なので1泊する人や、もしくは2人以上の人ならタクシーでも安くなるのでツアーをとる必要は無いようにも思えた。
クレオパトラ温泉の32トルコリラは、ツアー料金には含まれていないし。

ちなみにロッカー代のデポジットは、全額戻ってきた。
あとここの会社の人の親戚がカッパドキアで気球のパイロットをしているので、ここで申し込めば80ユーロで出来ると言ってた。
イスタンブールまでのバスも手配してもらい70トルコリラとられたが、駅でチケットを発券してもらったら、おそらく60トルコリラなので、手数料として10トルコリラを取られていたかな。
まあデニズリまで車で送ってもらえたから、良いか。
バスはATSという会社ので、19:30発のイスタンブール行き。
乗り場に2〜3分前に着いたが、危うく置いて行かれそうだったので、時間に余裕を持って乗り場に行きましょう。
4列シートでUSBで充電は出来るが、WiFiは無し。
色々なバス停を回り、結局16時間かかって11:40にメインのオトガル駅に着いた。
ドリンクとスナックサービスは4〜5回もあった(^^)

この後は、バスで隣の国ブルガリアに行きます(^^)