‪‪アテネからのフライトで、昨日の深夜にイスラエルに着いた。‬

入国審査の列が、これまで国の中で断トツに前に進まない。

これは噂通り、一人一人に時間がかかっているからだろうね。

別室送りになっている人も、時々いるようだった。

 

というのは、過去にイランやイラク、シリアなどイスラエルの敵対国に行ったことがあると別室送りになり、普段以上に入国に時間がかかるそうだ。

自分はイスラエルの敵対国には行ったことがないので、入国はスムーズに行った方だと思う。

ちなみにパスポートにイスラエルの出入国スタンプがあると、敵対国に入国出来なくなる。

なので以前は「ノー スタンプ」 などと言う必要があったが、今は何も言わなくてもスタンプの代わりにカードをくれるようになったようだ。

ちなみに自分が質問されたのは、下記の通り。

イスラエルは初めて? 来た目的は? いつまでいる? イスラエルのどこに行く? イスラエルの前はどこどこに行った?  

というものだった。

イスラエルに無事に入国出来て、今回の世界3周目では6ヶ国目、人生で42ヶ国目になる。

で今日は早速、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地がそれぞれすぐ近くにある場所を見てきた。



嘆きの壁の前で聖書を読んだり、体を動かしながらお祈りしている沢山のユダヤ人の姿は、言葉が適切かわかないが、異様な雰囲気に感じた。

その姿をバックにピースサインなどをして記念撮影をしている観光客も沢山いて、これにはなんか違和感を感じたけどね(^_^;)

ちょっと違うけど、3.11の後に被災地でピースサインで記念撮影してた人達と似てるかも?と思った。

↓嘆きの壁がある広場からもモスクが見える。

またガイド付きのツアーに参加して、嘆きの壁が地下にも繋がってるし横幅も広過ぎるし、そもそも旧市街自体の作りが複雑で物凄かった。

他にも、キリストが十字架を背負って歩いたという道を歩いたが、ここは本当に歴史的な場所なんだな、とあらためて思った。

あとは博物館にも行き、イスラエルの歴史が少しずつわかってきた。