2018年9月24日にNHKの『今日の健康』で紹介されたサルコペニアについて、元ライザップトレーナーが紹介します。

自分の主なプロフィールは、↓これらです。
・現在はオンラインダイエットの指導
・豪華客船内にあるジムのトレーナー
・元ライザップのトレーナー(約3年間勤めて、六本木店、シンガポール店などで勤務)
・元警察官
・テレビ番組『筋肉番付』のサバイバル腕立て伏せの全国大会2位。記録1055回。
・体重別の全日本腕相撲選手権で優勝
・Netflixの「アルティメットビーストマスター」の日本代表(世界版SASUKEとも呼ばれる番組)
・ピースボートの船旅で世界一周を2回と、バックパッカーで世界一周し、合計世界3周。

その他の詳しいプロフィールは、↓こちらをどうぞ。

元警察官、元ライザップのトレーナー、世界一周×3回している増戸 聡司(ましと さとし)の経歴・自己紹介など

サルコペニアとは?

「年のせいとあきらめない体の総点検」というシリーズで、この日のテーマは「筋肉の老化」でした。



↓「フレイル」とは虚弱という意味で、健康と要介護の間の状態です。 同じような意味で「未病」という言葉もあると思いました。

そしてサルコペニアが、フレイルや要介護になる最大の危険因子で、加齢に伴う筋肉の減少を指します。

番組で「加齢に伴う」と紹介していますが、

筋肉の減少は加齢だけでなく生活習慣による影響がとても大きいので、今の時代は若者や中年の世代でも筋肉の減少が酷い人が多いと思います。

サルコペニアは造語で、ギリシャ語をもとにしたそうです。

病気としてとらえて対処、とのことで、やはり高齢者の方だけでなく、若者でもなりえる生活習慣病だという認識で良いのかなと思いました。


高齢者の1割くらいの方がサルコペニアだと推定されるそうです。

もちろん寿命にも影響しますが、寝たきり状態にならずに、健康寿命を延ばすためという意識も持つと良いと思います。

サルコペニアのチェック



チェック方法は、↓番組の公式サイトに載っています。

NHK健康チャンネル 筋力低下・筋肉の減少の症状「サルコペニア」のチェック方法とは



これらのチェック項目で、サルコペニアやフレイル(虚弱)かどうかが、ある程度わかります。

サルコペニアを予防・改善するには?

↑この3つが大事とのことです。

サルコペニア対策の食事

タンパク質量をしっかりと摂ることが大切です。

これは、私が指導しているダイエットとも共通しています。

ダイエットで、ただ食事量や炭水化物を減らすだけの間違ったやり方だと、大事な筋肉も減ってしまうことになりますね。

肉に含まれているタンパク質量は、↑このくらいだということを知らない人が、まだまだ世の中には多いですね。

もちろん、肉以外のものからもタンパク質を摂取することが出来ます。

そしてタンパク質だけでなく、ビタミン、ミネラル、食物繊維などもしっかりと摂れる栄養バランスが良い食事も大切ですね!

サルコペニア対策の運動

ウォーキングは、坂道や階段があるコースだと、より効果が高いのでお勧めです。



普通のスクワットをある程度の回数が出来るようであれば、↓椅子に座った状態からやる【片足】スクワットがお勧めです。

【片足スクワット】の一つ手前のレベルのスクワットのやり方『プリズナートレーニング・囚人トレーニング』

この片足スクワットは、やはり高齢者でなくても、出来ない人も増えてきていますね。

サルコペニア対策の社会参加

運動だけでなく、文化活動やボランティア活動などの社会活動がとても大事だそうです。

このデータによると、運動よりも社会活動の方が大事とのことです。



確かに、寿命や健康寿命との関連で、「社会との繋がり」が最も大切な要素というデータがあると聞いたことがあります。



もっと詳しく知りたい方は、書籍を見るのも良いと思います。




またダイエットをしたい人や、自宅でのトレーニング方法を知りたい方には、↓私が提供しているこちらのオンラインダイエットがお勧めです!

世界中どこでも出来るオンラインダイエット!【ライザッ〇の1割の費用でこの結果】とは?



実際にこのオンラインのダイエット指導で痩せた方のビフォアアフターが、↓こちらです!

 

太っている方は、体を動かすことが億劫で、その結果筋肉もどんどん減少するという悪循環になっている人が多いですね。

そして動きやすい身体にして、若いうちから体を動かして、貯金ならぬ ”貯筋” をすることが健康寿命を延ばして、より豊かな人生を楽しむことが出来ますね。

自分が乗客として乗ったことがあるピースボートや、またトレーナーとして乗った豪華客船には、高齢でも元気な方が沢山いらっしゃいました!

ピースボート71回クルーズ・世界一周の総括・まとめ・感想・実態・評判のブログ記事

世界3周目のまとめ。バックパックとピースボートの違いなど旅のスタイル編



サルコペニアを予防して、元気に長生きして、船旅を楽しむのもいかがでしょうか?^^

※1泊1万円台で世界一周出来るピースボートの資料請求は、↓こちらの公式サイトからどうぞ(無料)。